【令和流】夫婦円満になる共働き夫婦の7つの決まり事

夫婦円満へいへいと夫婦

 みなさんは夫婦円満に過ごせていますか?

 夫婦になっても、いつまでも仲良く過ごしたいです。

 今までのお互いの生活も価値観も違う中で、結婚した後も夫婦円満になるにはどうすれば良いか悩む人も多いと思います。

 なるべく、喧嘩はしたくないですよね。

 へいへい家では、夫婦で一度も喧嘩したことはありません。

 秘訣かは分かりませんが、みなさんの夫婦生活も円満になるように、記事にまとめてみました。

○この記事は、下記のような人におすすめです!!

・共働き夫婦

・夫婦でいつまでも仲良く過ごしたいと思っている人

・よく喧嘩をする夫婦

 

へいへい
へいへい

 この記事のまとめです!!

 前提として、自分のことは自分でやりましょう。

 へいへい家では、家事は分担せずに気付いた人がやります。

 お互いの時間も大切にして、ありがとうやごめんねを言葉で伝えるようにしています。

 大切なのは、『思いやり』・『感謝』・『素直』ですね。

 みなさんの夫婦生活も円満になることを願っています。

 それでは、どうぞ!!

夫婦とは

 

 夫婦』について考えた時、『二人三脚』のイメージが一番近いと思いました。

 二人三脚だと、同じ目的に向かって、同じ方向を見て、同じ歩幅で走らないと上手くいきません。

 時には、支えることも休むことも大切です。夫婦生活にも言えますよね。

夫婦円満を目指す前に

自分のことは、自分でやろう

 当たり前のことだと思います。家事もそうですが、自分のことは自分でやりましょう。

 一人暮らしの時には自分でやっていたことを、夫婦になったらやってもらって当たり前と思ってはいけないと思います。

 妻は自分のお母さんではないので、そこは間違えてはいけません。

家のどこに何があるか把握する

 これも当たり前ですが、ティッシュボックスやトイレットペーパー等がどこに置いてあるか、ゴミ袋や電池や大切な書類等もどこに置いてあるか把握しておきましょう。

夫婦円満になる7つの決まり事

たとえ喧嘩しても、一緒のベッドで寝る(なっちゃん案)

 なっちゃんに言われた2つのことの1つです。たとえ喧嘩して話さなくても、一緒のベッドに寝ると言われました。もう決定事項らしいです。

 冷静になるために一旦距離を置くのも大切だとは思いますが、へいへい家はもし大喧嘩したらこうなる予定です。

 寝れば(時間が経てば)冷静になって、大した内容じゃないと思えて謝れるかもしれません。

記念日には、一緒にお祝いする(なっちゃん案)

 これも、なっちゃんに言われた2つのことの1つです。誕生日や結婚記念日には、豪華なディナーじゃなくても良いから、一緒にケーキを食べようと言われてます。

 (毎月記念日を良いことに、ケーキを食べたい口実かも・・・)

 そのため、記念日にはショートケーキ等を2個買って、2人でお祝いするようにしています。

お互いの仕事は、いつ辞めても良い(2人で決めたこと)

 これは、2人で話して決めました。

 お互いに人と関わる仕事であるため、ストレスも多いです。

 そのため、どうしても解決できないような理由(人間関係や労働環境等)なら、辞めることは自由にしています。

 身体が資本です。心も体も健康が一番ですね。

家事の分担は決めない、気付いた方がやる(2人で決めたこと)

 これも2人で話して決めました。

 年収の多い・少ないは関係なく、男性・女性も関係ありません。

 どちらかと言うと、へいへいがこまかくなっちゃんがテキトーです。

 家事を分担してしまうと、「何で担当なのにやらないんだろう?いつやるんだろう?」とモヤモヤしてしまうので、分担はしないことにしました。

 どちらかが料理を作ったらもう一人が皿洗いをする、どちらかが洗濯をしたらもう一人が洗濯物を畳む、どちらかが掃除機をかけたらどちらかがトイレ掃除をするようにしています。

 分担するとしたら、得意なことを得意な人がやるでいいと思います。一週間毎に家事を交代でも、毎日家事を交代でも面白いかもしれません。

 あとは、相手の家事のやり方については、基本的には口出ししません。

 もしもっと丁寧に家事をして欲しい時には、8割褒めて、2割直して欲しいことを言うようにしましょう。

 先に褒めること、8対2くらいの割合がちょうど良いと思います。

 例:掃除機かけてくれてありがとね、ほんと助かるよ、気が利くね!!今度からは、ソファの下とか端っこも掃除機かけてくれるともっと嬉しいなー。

食事中は、なるべく携帯をいじらない

 食事の時くらいは、携帯をいじらないようにしています。

 よく居酒屋等でカップルがお互いにずっと携帯を見ているのが、「自分達は嫌だなー」って話してたことがありました。

 調べることがあったり急ぎの連絡があったりする場合以外には、なるべく携帯を触らないようにしています。

 食事を食べながらその日あったことを話したり、お笑い番組を見て一緒に笑ったりすることが多いです(サンドイッチマンとかハリウッドザコシショウ等で笑)。

お互いのプライベートを大切にする

 お互いの携帯は見ませんし、お互いのSNSも見ません。

 異性の友達と飲みにいくのもOKにしています、ただしお泊まりはNGです。

 男女の友情は成立すると思っていて、結婚したら異性の友達と連絡取ってはいけない・会ってはいけないってもったいないと思います。友達はいくつになっても友達です。

 他にも、お互いのお小遣いの使い方にも一切口出ししないです。

 お互いの趣味がなんであれ、批判はしないし、勝手に捨てることなんてありえません。

『ありがとう』・『ごめんね』を『言葉』で伝える

 一番大切なことを最後にしました。

 本当に当たり前のことですが、一番難しいかもしれません。

 へいへい家では、家事を何かしてもらったら『ありがとう』と言うようにし、何か失敗したことがあれば、素直に『ごめんね』と言うようにしています。

 例えば、飲み物買ってきてと言われていたけど、忘れて帰ったらすぐに『ごめん、忘れてた』と言います。

 『ありがとう』と言ってもらえるだけで、やってよかったなと思えますし、感謝は『言葉』にしないと伝わりません

 なるべくいっぱい『ありがとう』なことを見つけて、『ありがとう』と言うように心掛けましょう。

さいごに

 夫婦円満になる共働き夫婦の7つの決まり事についての記事でした。

 よく夫婦では『会話』が大切と言いますが、へいへい家ではお互いにお喋りではないので、あまり気にしてません。

 代わりに、スキンシップやコミュニケーションを意識しています。

 『ありがとう』や『ごめんね』を『言葉』で伝えることが大切ですね。

 他にも、『ただいま』や『おかえり』、『おはよう』や『おやすみ』は当たり前に毎日言うようにしています。

 7つのルールも当たり前のことが多いと思うかもしれませんが、『当たり前のことを当たり前にやる』って結構大変だと思います。

 だからこそ、日頃から当たり前にできるように心掛けています。

 『思いやり』・『感謝』・『素直』は何年経っても大切にしたいですよね。

 この記事がみなさんの参考になって、夫婦生活が円満になることを願っています!!

へいへい
へいへい

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

タイトルとURLをコピーしました