【元保育士パパのへいへいが考察】恋と愛の違いとは

恋と愛の違いへいへいと夫婦

 恋と愛って何だろうって思うことがあると思います。

 好きな人がいる時、結婚を考えた時、失恋をした時、思春期の時にだれもが考えたことあると思います。

 (人生の中で、会いたくて会いたくて震えることもありませんでした・・・)

 元保育士パパのへいへいが、『恋と愛の違い』について考えてみた内容を、この記事にまとめていきたいと思います。

 みなさんの参考になれば幸いです。

○この記事は、下記のような人におすすめです!!

・恋と愛の違いについて興味がある人

・恋愛中の人

・へいへいの考えについて、知ってみたい人

へいへい
へいへい

 この記事のまとめです!!

 『恋とは見返りを求めるもの、愛とは見返りを求めないもの』だと、へいへいは考えています。

 それでは、どうぞ!!

恋と愛の言葉について

 

 まずは、恋と愛に関する言葉を考えてみました。

 「恋に落ちる」という言葉はあるけど、「愛に落ちる」という言葉はあまり聞きません。

 「家族愛」という言葉はあるけど、「家族恋」という言葉はあまり聞きません。

 「無償の愛」という言葉はあるけど、「無償の恋」という言葉はあまり聞きません。

 「恋愛」という言葉はあるけど、「愛恋」という言葉はあまり聞きません。

 「恋は一瞬」という言葉はあるけど、「愛は一瞬」という言葉はあまり聞きません。

 「恋は盲目」という言葉はあるけど、「愛は盲目」という言葉はあまり聞きません。

 上記のように、『恋』という言葉を使う時と、『愛』という言葉を使う時があります。

恋と愛の視点

漢字の視点

 よく、漢字の心に注目して、『恋は下心、愛は真心』という言葉を聞きます。

 下心である恋は、付き合いたい、イチャイチャしたいという気持ちが下心になるんだと思います。。

 そんなことは言わずに、本心を隠して、相手に近づくのが恋かもしれません。

 真心である愛は、本心ということになり、心から相手の幸せを願うことになります。

 

○アイドルを応援している人での例え話

応援しているアイドルが結婚したファンで考えた時・・・

恋の視点:応援していたのに何で結婚したんだ!!裏切られた!!(アイドルに恋していた)

愛の視点:よかったね!!おめでとう!!(アイドルを愛していた)

 上記のように、自分中心なのが恋で、相手中心なのが愛なのかもしれません。

距離の視点

 遠距離恋愛でも、続く場合と続かない場合があります。

 距離が離れていても、心の距離が近ければ、続きますよね。それは愛なのかもしれません。

 連絡が来ない、なかなか会えなくて続かないなら、恋かもしれません。

 もしかすると、相手を信頼することができることが、愛なのかもしれません。

時間の視点

 「恋に落ちる」ということなら、恋は一瞬で、愛は一生になります。

 恋は今を中心に、短い期間なのかもしれません。恋をしていても相手にされなかったり、失恋したりすると一瞬で終わってしまいます。

 付き合えても、別れる時には恋は終わってしまいますよね。

 恋は一瞬であるならば、いつでも終わらせることができるので、もしかしたら責任がないという考え方もあるかもしれません。

 なら、愛は2人の将来のことも考えるのかもしれません。または、相手の幸せをずっと願うのかもしれません。

 プロポーズをする時に、「一生をかけて幸せにします」と言いますよね。

 それは、愛だからこそ、責任を持つって意味もあるんだと思います。

なっちゃん(天然嫁)の考える恋と愛の違いについて

へいへい
へいへい

恋と愛の違いって何だと思う?

なっちゃん
なっちゃん

恋は純(ピュア)で、愛は深さかな?

うん、深いねー。

へいへい
へいへい

そ、そだねー。

深いねー。

 (チョットナニイッテイルカワカラナイ)

 うん、天然なので良く分かりませんでした…

 なっちゃん(天然嫁)の言いたいことを、必死に頑張って考えてみましたよ。

 たしかに、「愛の深さ」という言葉を聞きますが、「恋の深さ」という言葉は聞かないですね。

 『純粋さ(ピュア)』の視点で考えたら、恋は相手の外見や中身(性格やお金等)で見返りが欲しいと心の中で思っているのかもしれません。

 愛なら、相手の短所も含めて愛おしくなるかもしません。それなら、愛が深いというのも分かるような気がします。

名言から学ぶ

愛はお互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである

ーサン=テグジュペリー

 『星の王子さま』の作者です。

 愛は将来を考えて、一緒に歩んでいくことを考えられる関係なのかもしれません。

多くの女性を愛した人間よりも、たった一人の女性だけを愛した人間のほうが、はるかに深く女というものを知っている。

ートルストイー

 ロシアの小説家、思想家です。

 一人の女性を愛せた方が、「愛が深い」ということになるのかもしれません。

恋とは自分本位のもの。愛とは相手本位のもの

ー美輪明宏ー

 シンガーソングライターの美輪さんの名言です。

 恋は自分優先、愛は相手優先ということになるのかもしれません。

恋と愛の違いとは

 へいへいが考える『恋と愛の違い』は、『恋は見返りを求める、愛は見返りを求めない』ということになります。

 中学生や高校生が憧れの先輩に対して、「私のことを知って欲しい」、「私の気持ちに気づいて欲しい」というのは、見返りを求めているので『恋』なのかもしれません。

 大人になっても、「私を幸せにしてほしい」、「お金でいろんなものを買ってもらいたい」というのも『恋』なのかもしれません。

 でも、それが普通だと思います。好きな人ができたら、自分のことを好きになってほしい、仲良くなりたいと思いますよね。

 『恋』から始まり、だんだんと『愛』に変化していくんでしょう。

 『恋愛』とは、『恋から愛に変わる過程のことをいうんだと思います。

 愛から先に始まりません。自分優先の恋から、相手優先の愛に変わっていくはずです。

 プロポーズをする時には、『相手を幸せにしたい』と思うとはずです。それは、見返りは求めてないので、愛に変わったからだと思います。

 現代では、結婚することが幸せの基準ではないですし、今は結婚しなくても一緒にいることができますね。それも愛の一つだと思います。

 恋愛でだけ、恋から愛に変わるのは不思議ですよね。子どもや誰かやペットに対して等、愛を持つことができるので、ほんと不思議です。

 『アイのカタチ』は人それぞれで良いんだと思います。

さいごに

 恋と愛の違いについて、みなさんも考えてみたことがあると思います。

 へいへいが考える恋と愛の違いは、『恋は見返りを求める、愛は見返りを求めない』です。

 見返りを求めなくなったら、恋から愛に変わったということでしょうね。

 みなさんの参考になれば幸いです。

へいへい
へいへい

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

タイトルとURLをコピーしました