【元保育士が解説】絵本の読み聞かせをする時に大切な5つのこと

絵本の読み聞かせをする時に大切な5つのこと子育て

 みなさんも子どもに絵本の読み聞かせをしていると思います。

 絵本の読み聞かせをする時に、どんなことを大切にしているかと保育士の時にママやパパに聞かれたことがありました。

 絵本の読み聞かせをする時の、コツや工夫を知りたいと考える人も多いと思います。

 保育園での絵本の読み聞かせの経験もあり、今回の記事では絵本の読み聞かせをする時に大切にしていることをまとめていこうと思います。

 みなさんの参考になれば幸いです。

○この記事は、下記のような人におすすめです!!

・絵本の読み聞かせをしているママやパパ

・絵本の読み聞かせに興味がある人

・保育士の人

へいへい
へいへい

 この記事のまとめです!!

 絵本の読み聞かせで大切なことは、物語をアレンジしないこと。

 絵本はなるべく動かさずに、ゆっくりとはっきり読むようにしましょう。

 子どもの感想は否定せずに、子どもと一緒に親も楽しむようにしましょう。

 それでは、どうぞ!!

絵本の読み聞かせをする時に大切な5つのこと

物語をアレンジしない

 面白いと思って絵本の物語や文章をアレンジしないようにしましょう。

 たとえば、家事で忙しいからといって、物語や文章を短くするといったことです。

 同じ絵本を楽しみにしている子どもは、毎回物語や内容が変わると混乱してしまいます。

 3〜5歳くらいになると、物語やセリフを覚えて語彙力を増やしていくことができるようになります。

 おままごとや他の遊びにも発展することもできるようになっていくので、面白いですよね。

 子どもが分からないような言葉が出てきたら、絵をさりげなく指差して伝えるのがおすすめです。

 なにより、絵本の作者に対してのリスペクトが大切ですね。

絵本をなるべく動かさない

 子どもが集中できるように、絵本はなるべく固定して読むようにしましょう。

 絵本を固定できるなら、膝に座らせても、対面でも、寝ながらでも、仰向けでも、外でも自由に読んで良いと思います。

 保育士の時に、絵本の裏表紙を見せて「今日の絵本はこの本を読むね」って言うと、「はんたいだよー!!ちがうよー!!」とツッコんでくれるのが好きでしたね(笑)。

 読み聞かせが始まったら、めくる以外はなるべく動かさずに集中できるように心掛けましょう。

 他にも、表紙を見せながら「〇〇」と絵本のタイトルを言ってから読み始めます。

 また、最後には裏表紙を見せて「おーしーまい」と言うようにしています。

 区切りをつけることによって、集中して絵本を楽しめるように心掛けると良いかもしれません。

ゆっくり、はっきり読む

 絵本の物語をイメージできるように、まずはめくったら数秒間絵を見せるようにします。

 その後、ゆっくりはっきり読むことが大切です。

 子どもは、絵本の読み聞かせを繰り返して言葉を覚えます。

 絵本の読み聞かせは1対1なので、子どもの反応を見つつ、子どものペースに合わせて読むようにしましょう。

 「これは?」、「〇〇ってなに?」など、絵本の途中で質問された時には、なるべく絵を指差して伝えるようにすると良いですね。

子どもの感想を否定しない

 絵本を読み聞かせたら、子どもに感想を聞かないようにしています。

 絵本の読み聞かせの中で、物語の登場人物になりきったり想像したりすることを楽しんでいます。

 子どもから感想を言ってきた時には、「そうだねー」と否定せず、「〇〇だったね」と子どもの感想をオウム返しするのがポイントですね。

 「この絵本で〇〇を伝えたい」って大人が思っても、なかなかその通りにいかないです…

 子どものペースで伝わるため、何回も読んであげましょう。

子どもと一緒に親も楽しむ

 絵本の読み聞かせは、子どもだけが楽しむものではありません。

 子どもと一緒に、親も楽しむことが大切です。

 きっと子どもに同じ絵本を何度も読んでと言われて、飽きたり疲れたりするママやパパは多いと思います。

 保育士だって、ただでさえたくさん読んできた絵本を、何度も何度も読んでたら飽きちゃいます(笑)。

 絵本を淡々と読み聞かせるのも大切ですが、登場人物によって声色を変えてみて、子どもの反応を見るのも楽しいですよ。

 注意点としては、声色を変えすぎて絵本じゃなくてママやパパに集中しないように気をつけましょう(笑)。

絵本の読み聞かせで誤解されやすいこと

最後まで読まなくてもいい

 特に0〜2歳の子どもは、最後まで聞けずに飽きてしまうことが多いです。

 その時には、「絵本は最後まで読まないといけない」と思わないようにしましょう。

 特に0〜2歳は、物語を楽しむより絵を楽しんでいることが多いため、保育園の読み聞かせではできないですが、家では好きなページだけ見るのもありです。

 また、「最後まで見ないとダメだよ」と、絶対に怒らないようにしましょう。

 絵本の読み聞かせは、親子の絆を深めるコミュニケーションツールです。

 怒らずに、「今は絵本の気分じゃないんだな」と思うようにしましょう。

 子どもが途中で離れても、絵本の続きを読んでいると戻ってくることもあるため、様子を見つつ試してみると面白いですよ。

絵本の読み聞かせの上手い・下手は関係ない

 絵本の読み聞かせは、上手く読もうと思わなくて大丈夫です。

 このブログを見てくれているママやパパより、へいへいの方が読み聞かせは上手いかも知れません。

 でも子どもにしたらへいへいに読み聞かせしてもらうより、大好きなママやパパに読んでもらうことに意味があるんだと思います。

 他にも「ままによんでもらったほうがじょうずー」と子どもが言っても、パパに絵本を読んでもらうのを喜んでいる子どもをたくさん見てきたので安心してください(笑)。

 上手い・下手は気にせずに、子どもと一緒に絵本の読み聞かせを楽しむことが大切ですよ。

さいごに

 絵本の読み聞かせをする時に大切な5つのことをまとめました。

 絵本の読み聞かせで大切なことは、物語をアレンジしないこと。

 集中できるように絵本はなるべく動かさず、ゆっくりとはっきり読むこと。

 子どもの感想は否定せずに、子どもと一緒に親も楽しむこと。

 絵本の読み聞かせに上手い・下手は気にしなくて大丈夫です。

 絵本の読み聞かせを通して、子どもが大好きなママやパパと一緒に、楽しむ時間を共有することが大切です。

 みなさんが絵本の読み聞かせを通して、もっと子どもと楽しい時間を過ごせますように♪

へいへい
へいへい

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

タイトルとURLをコピーしました