「もういっかい!!」同じ絵本を繰り返し読み聞かせることは悪影響?

「もういっかい!!」子育て

 「もういっかい!!」と、子どもに同じ絵本を何度も読み聞かせをお願いされると、ママやパパは飽きたり疲れたりしますよね?
 
 同じ絵本を何度も繰り返すより、いろんな絵本を読み聞かせした方が子どもによいのではと考える人が多いと思います。

 今回の記事では、同じ絵本を繰り返して読み聞かせをすることが、子どもにとって良いことなのか悪いことなのかをまとめていきます。

 みなさんの参考になれば幸いです。

○この記事は、下記のような人におすすめです!!

・子どもに同じ絵本を何度も読んでいるママやパパ

・絵本の読み聞かせに興味がある人

・保育士の人

へいへい
へいへい

 この記事のまとめです!!

 同じ絵本の読み聞かせは子どもにとって良いことだらけです。
 子どもは繰り返しを好み、繰り返しを楽しむのが特徴ですよ。
 同じ絵本の読み聞かせでも、子どもにしたら毎回変化があるんです。
 言葉を覚えるだけでなく、心の成長にも大きな影響があります。
 心に刻まれるような絵本に出会えたら本が好きになり、人生にとって役立ちますね。

 それでは、どうぞ!!

絵本の読み聞かせのメリット・デメリットとは

 別の記事で、まとめています。

 読み聞かせのデメリットはほとんどなく、メリットばかりです。

 絵本の読み聞かせに興味がある人はまずはこちらの記事を読んでみてください。

絵本の読み聞かせをするときに大切な5つのこと

 別の記事で、まとめています。

 絵本の読み聞かせのメリットを知り、じゃあどうやって絵本を読み聞かせるかを分からない時には、この記事を読んでみてください。

同じ絵本を繰り返し読み聞かせることは、良い影響ばかり

 同じ絵本を繰り返し読み聞かせるのは、良いことばかりです。

 なぜ良いことばかりなのかを、説明していきたいと思います。

子どもは繰り返しを好み、繰り返しを楽しむのが特徴

 まずは、子どもの特徴からです。

 子どもは繰り返しを好み、繰り返しを楽しむのが大きな特徴です。

 たとえば、0歳の赤ちゃんでも「いないいないばあ」をすると、楽しんだり喜んだりしますよね?

 子どもの中では、「次はどうなるかな?」、「同じかな?違うかな?」と考えており、発見や学びを繰り返しています。

 絵本の読み聞かせは、親子の絆を深める『コミュニケーションツール』です。

 同じ絵本を「もういっかい!!」と何度も読んでもらえることは子どもの安心感につながり、子どもの『自己肯定感』を高めることができると思います。

大人では毎回同じ物語、子どもでは毎回違う物語

 大人にしたら、同じ絵本で同じ物語で飽きてしまいます。

 しかし、子どもにとったら毎回違う物語になるんだと思います。

 子どもは登場人物になりきり、絵本を楽しんでいます。

 主人公になりきる時もあれば、別の登場人物、あるいは動物等になりきって楽しんでいるかもしれません。

 また、言葉を覚えるのにも繰り返し絵本を読むことが効果的です。

 子どもが絵を見て、親の言葉を聞いて、絵と言葉が繋がっていきます。

 『言葉の教育』、『心の教育』をするためにも、繰り返し絵本を読み聞かせることは大切です。

 同じ絵本を「もういっかい!!」と読み聞かせる中で、子どもの『学び』や小さな『気付き』を発見できるような親になりたいですね。

本好きになる

 同じ絵本を繰り返し読むことによって、本が好きになります。

 勉強においても、人生においても本好きであることは大切なことですよね?

 子どもにいろんな種類の絵本を読み聞かせたい、という気持ちも分かります。

 絵本を読み聞かせる中で、子どもが繰り返し読む絵本に出会うことがあると思います。

 他の絵本を読み聞かせることも大事ですが、もし子どもが同じ絵本を読んで欲しいと言った時には、心に刻まれるまで(飽きるまで)読んであげてください。

 たとえば、漫画の話ですが、みなさんも繰り返し読んできた漫画があると思います。

 へいへいは特に『ドラゴンボール』を5歳くらいから読んでいました。

 この当時は、かめはめ波ができると信じていました…

 初めは絵でしか内容は分からなかったですが、小学生になり文字を覚えると内容が分かり視点が変わってさらに面白くなりました。

 この当時は界王拳の練習をしていましたね…

 中学生になるとまた視点が変わり、「桃白白の柱はどのくらいの距離なのか、どのくらいのスピードなのか?」と考えたりする中でさらに面白くなりました(笑)。

 話は脱線しましたが(世代がバレる…)、親にもし「同じ本ばっかり読まないで、別の本を読みなさい」と言われても嫌だと思う人が多いと思います。

 他にも、好きなアーティストのCD(ラルクとか、ラルクとか)を買ったら何度も何度も、心に刻まれるまで聴くと思います。

 きっと絵本も同じで、繰り返し読むのはママやパパは大変だと思うこともありますが、子どもの成長のために必要なことなんだと考えるようにしましょう。

 同じ絵本を「もういっかい!!」と読み聞かせる中で、『本好き』になったら子どもの今後の人生に、本が彩りを与えてくれると思います。

さいごに

 子どもにとって、同じ絵本の読み聞かせは良い影響しかありません!!

 子どもは繰り返しを好み、楽しむのが特徴です。

 「もういっかい!!」という子どもの言葉には、自己肯定感を高め、言葉と心の学びや新たな気付き、本好きになる機会が隠れています。

 ママやパパは繰り返し読み聞かせをするのが大変だと思いますが、子どもの成長にとって大切なことだと考えてもらえたら良いかと思います。

 その中で、「今回は〇〇になりきっているのかな?」、「何回読むか記録してみようかな?」と自分なりに一緒に楽しめる方法を探してみるのもありですね!!

 たくさんの絵本の読み聞かせの中で、子どもにとって心に刻まれるような絵本に出会えることを願っています。

へいへい
へいへい

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

タイトルとURLをコピーしました